脱毛をする際の注意事項5つ

脱毛前は自己処理や日焼けに気を付ける

思わぬ肌トラブルを防ぐために、脱毛をする際の注意事項を5つ紹介します。まず1つ目が、毛抜きで自己処理を行わないことです。毛根ごと引き抜いてしまうと、次に生えてくる毛が埋もれやすくなってしまいます。後処理が大変になってしまうので、どうしても自分で処理したいときは脱毛クリームなどを使うようにしましょう。2つ目に注意したいのが日焼けです。サロンで脱毛するときに肌が黒くなっていると、光が分散して施術がスムーズに行えない恐れもあります。肌に赤みが出ている場合は炎症も起こしやすいので、しばらく期間を開けて肌が回復してから脱毛を行うと安心です。脱毛前は紫外線対策を徹底し、肌をしっかりガードしておきましょう。

脱毛後は体を温めすぎないこと

3つ目に気を付けておきたいのが脱毛後の入浴です。施術を終えた肌は熱がこもっているため、ある程度の期間はクールダウンさせておく必要があります。サウナなど高温になる場所は避け、お風呂へ入るときはお湯の温度をぬるめにしておきましょう。4つ目は激しい運動をしないことです。体を温めすぎるとかゆみなどのトラブルが発生しやすくなってしまいます。スポーツを習慣にしている方でも、脱毛後はウォーキングなどの軽い運動で抑えて下さい。5つ目は予防接種を受けないことです。脱毛後に予防接種を受けると体調を崩しやすく、副作用も出やすくなってしまいます。個人差はありますが、最低でも10日間は空けてから受けるようにしましょう。

© Copyright Hair Loss Pain. All Rights Reserved.